Knowhowism(ノウハウ系)日本語版TOP > > 化粧

化粧

以下は、かなり化学物質に過敏な方向きの、手作りコスメなどの情報。
(一般の化粧品の使用して問題ない方は、普通に好きなものをご使用でよろしいかと。)

肌の手入れ

基本的に肌の手入れは、ぬるま湯や石鹸で洗って、日焼けしないように帽子をかぶっておくという手入れだけで、そう問題は起きないものかと思っております。
たとえば、化粧の習慣がなくて、あまり日光の当たらない地域の女性の肌などのイメージ。特にトラブルなどは、起きないのではないかと。
個人的には、何かを使って肌が荒れることはあっても、使わなかったことで肌が荒れることは、ないかと思ったりです。
(何かを塗ることで、ある程度プラスになることは、あるかもしれないですが。)

肌に化粧をする際

肌が化学物質に弱くても、今は方法が色々ありますかと。
肌の安全をかなり優先しながら、きちんとしたナチュラルメイクをしているように見える手順などを。

一番安心度が高いのは、自分で作って化粧品材料が全て分かっている状態かと。
材料と、かつ使用分量もわかっているので、何かあったときに特定しやすいです。

次に安心度が高いのは、安全な材料でつくっているメーカーのものを買うことかと。 化粧品の材料は全て表示されていますが、その材料の一つ一つ安全性を見るのは大変すぎます。 そのメーカー自体が、安心なところのものを使ってしまえば、楽かと。

クレヨンハウス
http://www.crayonhouse.co.jp/

かなり昔から、こちらの表参道の店舗の3Fは、安心できそうなメイクアップ用品のやボディケアのセレクトショップでいらっしゃいます。かつ、かなりの商品が、実際に試すことができる状態になっています。
こちらにあるものは、お店の基準は通っているので、安全度が高いものと考えてよろしいかと。
サイトの中の、「オーガニックコスメ」ページで、ネットでの購入もできるようです。原材料もすべてのっています。

手作り化粧品

ある種類のアイテムは、自分で作成が可能で、買ううのもよいですが、作るメリットも大きいので、時間に余裕があれば作成しています。

口紅などの色ものは、自分で作ると、微調整で自分のオーダーメイドのカラーにでき、かつ色々な色を少量ずつつくれるというメリットがあるのですね。
実はかなり楽しくて、キッチンが実験室状態。
パウダー系も、原料の酸化鉄やマイカの混ぜ方で、パール感など好きなレベルで作成できますし。

以下は、自分でつくる余裕があったら、つくりたいアイテム。

 日焼け止め効果ありの下地
 アイブロウ
 アイシャドウ
 チーク
 口紅
 フェイスパウダー

 参照させていただいている本

  「自然素材で手づくり!メイク&基礎化粧品
  「手作りコスメ―肌にやさしいスキンケア&メイクアップ化粧品

 よく購入させていただいている化粧品材料のネットショップ

  「オレンジフラワー
   http://www.orangeflower.jp/

市販の化粧品を買っているアイテム

ノーメイクのときは、なくてもよいかと思うのですが、化粧する前は、市販の化粧水と石鹸で落ちるレベルの下地など。今は下地は、シアバター系。

マスカラやアイメイク落としも、市販のものを購入しています。

今は、ドイツの自然化粧品「lavela(ラヴェーラ)」さんのマスカラの茶色と、「メイクアップリムーバー」。
ポイントメイク落としなども、目にしみなくて、ありがたいです。

アイシャドウは、作れないこともないのですが、少量ずつ持ち歩きできる形で作成するのは難しいです。(リップなどは、わりと簡単なのですが。)
そのため、今まであまり問題がでたことがなかったので、自然化粧品に限らず、市販の好きなものを使っています。

化粧の手順

手順は、化粧水の後に、日焼け止め下地などをぬって、軽く粉をのせる場合はのせて、チーク、アイシャドウ、眉アイブロウ、リップなど。
化学薬品に過敏かどうか関係なく、特に問題なければ、ファンデーションはなしでもよろしいものかと思っております。
後、化粧を落とすのは重要かと思いますが、普段の化粧などは、できれば最初から石鹸のみで落ちるものを選んで、それのみで落としてもよいかと。

化粧以外の肌手入れの話

シミなどは、日焼けシミでしたら皮膚科で元からなくしてもらえるので、化粧で対策するより、専門の医者にまかせた方が早いと思います。
薄い小さいものについて、実際にレーザー受けてみましたが、かさぶたになった後、数週間には消え、その後、特に問題は起きていません。

ほくろも、皮膚科でとれるものがあると思います。

両方とも技術としてはすでにあるので、施術をしてくれる方が問題ない皮膚科を、探せばよろしいものかと。
自己申告や広告ではない、何か公平な情報元から情報が得ることができれば、安心です。
(自分の場合は、自分が安心できるまで、調べました。ネットのみで。)
全部