Knowhowism(ノウハウ系)日本語版TOP > お茶 > 茶道

茶道

 

茶道を楽しむ機会は2種類ある。

 「大寄せの茶会」
  気軽に茶道にふれていただく目的で行われる、カジュアルな茶会。
  お客は私服でよく、茶道のルールも知らなくてよい。
  茶券などを購入すると、練切などの主菓子と薄茶がふるまわれる。
  イベントや観月などの季節行事の際に開かれているので、気軽な参加を。

 「茶事」
  亭主が親しいお客を招待して開かれる。
  お客は基本、茶道の稽古を行ったことがある人が対象で、着物で参加する。
  茶事の種類にもよるが、懐石料理、濃茶、薄茶がふるまわれる。
  季節ごとに、口切りの茶事、初釜などの種類がある。   


樂焼(らくやき)
http://www.raku-yaki.or.jp/

侘び、寂び、大胆な、抹茶茶碗の世界をうかがうことができる樂焼のサイト。

茶道には三千家(表千家・裏千家・武者小路千家)といわれる3つの流派がある。
その三千家の茶道具をつくる家を、千家十職と呼ぶ。
樂家はその中の茶碗師として、江戸時代から十数代続いている。

京都の「樂美術館」では、初代から十五代までの樂家各代の茶碗を見ることができる。
サイトでも一部が見ることができ、メニューの「樂美術館」→「収蔵作品」で紹介されている。
九代了入の白釉筒茶碗や、十五代吉左衞門の焼貫黒樂茶碗の紹介もある。
全部  お茶