Knowhowism(ノウハウ系)日本語版TOP > おすすめ本 > 自己分析のおすすめ本

自己分析のおすすめ本

やりたいことを見つけたい方は最初にこちらをどうぞ

幸せな小金持ちへの8つのステップ
お金のIQ お金のEQ
「ライフワーク」で豊かに生きる
大好きなことをしてお金持ちになる
「お金」と「自由」を手に入れる! 経済自由人という生き方

自分がどういう状態だと、本当にしあわせか、考えるための助けになる、5冊シリーズの本。
お金、仕事、生きがいなどの分野でなやんでいる場合は、文庫3冊(586円+617円+596円)と新書2冊(926円+972円)の5冊で3,697円を自腹で買って読み込んでみると、何か1つはヒントになる部分があるかと。

作者の方が、世界の自己分析本などを広く調べた上で、自分で考えをまとめているので、引用を含めた自己分析のためのパラメーターが多くのっているのが特徴。このシリーズの特に3冊目~5冊目に多い。
例として、自分の性格を考える際の分類として「リーダー」「アーティスト」「問題を解決する人」「コミュニケーター」など10つのタイプで考える方法など。 同じく、自分の好きなことが見つかっている場合に好きなことを行う手段として、「書く」「教える」「プロデュースする」など10の形態に広げて考えられることも、引用の1つにある。

好きなことは、必ずしもお金になる仕事ではないかもしれず、最低限生活に困らないお金をキープする必要はあるが、好きなことをして完全燃焼できる時間を増やすことでしあわせ度をあげることができるかと思われる。

マズローの心理学

マズローの思想をまとめた本。概念が整理され、図も入って、わかりやすい。

完訳 7つの習慣

間違った目的を持たないこと、きちんと目的を持って生きることについて、考えることができる本。

ソース

自分のしたいことをして生きるだけでなく、したいと思うことをもれなく全部したくなる本。
自分自身の人生は、職業などの大きな要素だけでなく、様々な要素によるたった一つのオーダーメードであることを認識できる。 自分が楽しいと思うことは何かを考えるきっかけと、その楽しいと思うことを実際にはじめるための手助けになりそうな本。
全部  おすすめ本