Knowhowism(ノウハウ系)日本語版TOP > おすすめ本 > 事業計画のおすすめ本

事業計画のおすすめ本

事業やプロジェクトを行う人が知っておくとよい知識

ビジョナリー・カンパニー 2 飛躍の法則

ビジネス書界の「DRAGON BALL」のような、ビジネス書好きからの評価が高い本。

特別にレベルの高い会社を分析し、その会社はどのような特質を持ってまとめられている。
結果は、地に足がついた方針や、また時には大胆な決断など、良い事例とそこから導き出された法則で、読みごたえたっぷりである。
事業の選び方、人の選び方、指導者の資質など、まずはこの本のケースを、把握しておくとよろしいかと思われる。

コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法
コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法2
コミック版 100円のコーラを1000円で売る方法3

重要なビジネス書を網羅されているIBMの方が、それらのエッセンスを取り入れて1つのお話しにしたもののマンガ版。

高校生以上なら問題なく楽しく読めるので、基本のビジネス書の知恵をざっととりいれるために、おすすめしたい。

新版 戦略立案のテクニック 実務で使える20のツール

一通り読んで、戦略を立てる際には参考書がわりに、この本を確認しながらすすめたい本。

戦略プロフェッショナル

コトラーが教えてくれたこと
コトラーが教えてくれたこと2

とりあえず、マーケティング自体について理解するためのエッセンスがつまっている本。
また、ラノベ風味で読みやすいので、マーケティングのとっかかりに。

金持ち父さんの起業する前に読む本

起業の必須条件など、起業前に考えるべきことをあげている本。

必須条件としては、製品、コミュニケーション、キャッシュフローなど5つの項目をあげている。またその内の1つの分野で秀でればいい、それぞれの分野で一流の人は他の分野で一流の相手と組むなど、様々な起業に対する考えをまとめている。

成功事例に学ぶCRM実践手法

CRM 顧客はそこにいる

戦略立案ハンドブック

経営戦略の基本

新版 ブルー・オーシャン戦略

キャズム Ver2

イノベーションへの解

コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版

全部  おすすめ本